2017年07月03日

キャリアアップとキャリア開発について 3892

都議選の開票が続いていますが、公明党23名全員当選確実!心から感謝です。

先週頂いた市民相談のひとつが「派遣社員」の2018年問題。詳細は割愛しますが、かつて派遣社員として働いていた同僚議員と派遣制度と本人の心構えなどについて種々やり取りしました。正社員がよくて、派遣社員がよくない、とする風潮は変化を続けている。一概には言えないものの、「正社員だから安心」という神話は崩れている。もちろん制度が労働者の側に立って進化していかねばならないが、いかなる状況にあっても、自らを磨かなければ、やっていくのは大変。ただ、これは昔から他国では当たり前のこと。終身雇用で守られてきた戦後日本の時代が特殊だったのかも知れません。

キャリアを育てるとは。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏の寄稿を目にしました。

「筆者は高校や大学に出かけて、「キャリアとお金の関係」について講師をすることがあります。そのとき、まだ就職前の学生に必ずアドバイスすることがあります。それは「業種」ではなく「職種」で自分のキャリアを育てていきましょう、ということです。

 私たちは就活の際、「業界研究」のように特定業種について情報収集したりします。業種ごとの就活アドバイスも当たり前に行われています。しかし、それでは仕事やキャリアの半分しか見ていないと思います。むしろ自分が向いている職種を見極めることこそ大切です。これができれば、どんな会社にも転職できるようになるからです。」

他国では普通の話ですが、今の日本でも大事な話だなと思います。「どこにいるか」でなく「なにができるか」。

先日、日経新聞「私見卓見」に人材サービス会社のアデコ社長・川崎健一郎氏が寄稿していました。

「日本の労働人口は今後ますます減っていく。少ない労働力で経済を支えるには、テクノロジーを活用して仕事の生産性を上げることが必須だが、それと同じくらい大切なことがある。一人ひとりが自分の仕事に誇りと自信をもって長く働き続けられるようにすることだ。そのために必要なのがキャリア開発である。

 人材サービスをグローバル展開するアデコの日本法人社長となって3年になる。昨年、「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる」という経営ビジョンを掲げた。

 すべての働く人が自分のキャリアを真剣に考えて人生と仕事のビジョンを描き、生き生きと働く。それを例えば私たちのような人材サービス企業が支える。日本がそんな社会にならなければ、人口減少の時代に対応することは難しいだろう。

 よく誤解されるが、キャリア開発とキャリアアップは同義ではない。キャリア開発の核にあるものは、その人の人生観であり、平たく言えば、「自分らしさ」である。収入や社会的地位の向上を目指すことが真に自分らしい生き方なのであれば、それを目標にキャリアアップすればいい。

 しかし、それだけが充実したキャリアだとは限らない。例えば手に職をつけ、その力をもって最前線で働き続けたい人がいる。そうした人にとっては、自分のスキルを遺憾なく発揮できる仕事場で働くことが自分らしいキャリアになるだろう。また、次第にペースを落とし、「キャリアダウン」しながら長く働くスタイルもありうる。

 私は10代のころ、仕事で最も重要な価値は「自由」だと考えた。人生は与えられた時間をどう使うかによって決まる。時間を自分でコントロールし、自由に使える働き方が理想だと考えていた。社長を目指したのはそのためだ。

 その人生と仕事のビジョンが変わったのは29歳の時だ。「自分の時間を自由に使いたい」という発想は利己的であり、社会や人に価値を提供できてこその仕事ではないか。そう思うようになり、やや月並みではあるが、「世のため、人のために働くこと」が次のビジョンとなった。その考えに今も変わりはない。

 キャリアを描くことは人生を描くことである。「どう生きたいか」という思いと無縁の仕事はない。「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる」ことはすなわち、「人生と仕事が豊かに融合する社会をつくる」ことなのだ。」

どの組織に属しているかが大事だった昔の日本とは違い、他国に似て、キャリアの積み重ねが大事な日本になっています。まずは私のような親から、社会の変化を知ることが大事かなと思います。

いずれにしましても、生きてれば、嫌なことも、頭にくることもあります。只、豊かな人生がいい。私自身、いくつになっても、進化すべく、前に進みたいと思っています。昨日の自分より今日の自分。色々見たり、経験してきて、他人と比べたり、卑屈になったり、他人のせいにしたり、そうしないようにすることは、つまらない人生にしないコツかなと思います。

※こちらの内容は、行田朝仁FBページ、FB個人アカウント、ブログ、HP、ツイッターでも掲載しております。

※フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/gyota.tomohito
※にほんブログ村の「政治ブログ」ランキング参加中。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
※その他の活動報告、プロフィール等はhttp://www.komei.or.jp/km/gyota/
posted by 横浜市会議員 行田朝仁 (ぎょうた ともひと) at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする