2017年08月12日

「良い先生」と「悪い先生」について 3932

昨日は市民相談対応、書類の整理等。お盆休みが始まりました。東名の下りで59キロの渋滞を記録した地点があったそうですが、海も山も道路も、お気を付けください。うちは1日取れたらいいかなという感じですが、毎年この時期、子どもと向き合う時間があります。学校のこと、友達のこと、勉強のこと等々。大人になった上の3人の時もそうでしたが、こうした機会に状況を聞いて、子どもにかかわることは大事だなと思います。

先日、公明新聞コラム「北斗七星」が記していました。

「先生による生徒への暴言や体罰のニュースを聞くたびに思い出す随筆がある。山田詠美さんの「『良い先生』と『悪い先生』」だ(『私は変温動物』に収録)。

山田さんは小学校時代、教師を「良い先生」と「悪い先生」に分類していた。子どもが大人と同じように悩み苦しみ、大人以上に羞恥心を持っているのを知っているのが前者。子どもを傷つける言葉がどういうものであるかを知らない、言葉の選び方を知らないのが後者、と。

そして小学校2年時の「悪い先生」との出来事を記していた。その日、授業が終わり黒板ふきで書かれたものを消していた山田さんは、上の方まできれいにしようと背伸びして黒板ふきを落としてしまう。それは教壇の上で弾み辺り一面をチョークの粉で汚してしまう。

どうしようと考え込む山田さん。そんな彼女を女教師が怒鳴る。「何やってんのよ、この子は! 本当に育ちが悪いんだから」。涙ぐみながら「パパとママは本当にすてきに私を育ててくれてるのに。あなたは何もわかっていない。今、教壇を汚したのは私だけの責任なのに」と心の中で叫ぶ山田さん。

この体験を通し山田さんは「子どもは大人と同じように傷つくのである。そして、言葉は殴るよりもひどく相手を傷つけることがある」と指摘する。心したい。」

学校関係を含め様々な市民相談をお受けしますし、環境を整えることは大事ですので対応しています。只、問題は人間の中身。教師に限らず、自分も含め、大人の「大人」としての力量が問われるこの頃だなと思います。

※こちらの内容は、行田朝仁FBページ、FB個人アカウント、ブログ、HP、ツイッターでも掲載しております。

※フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/gyota.tomohito
※にほんブログ村の「政治ブログ」ランキング参加中。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
※その他の活動報告、プロフィール等はhttp://www.komei.or.jp/km/gyota/
posted by 横浜市会議員 行田朝仁 (ぎょうた ともひと) at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする