2020年10月22日

おいしいお昼について 5098

昨日、お昼で立ち寄った馴染みの街中華「桃花」はお客さんで一杯。「一体、何があったんですか?」。いつもと違う風景に戸惑いました。一段落したところで、ご主人から声がかかり、市の施策についてやり取り。いつも真心込めて中華鍋を振るご主人。これを機会に、「おいしい街中華の店がある」と知って頂ければいいなあと思います。

先日、区役所の交流ラウンジでの打ち合わせを終えて部屋を出たところ、地元青葉区で人気のお弁当の移動販売「コマデリ」さんとバッタリ。毎週水曜日のお昼は区役所4階の交流ラウンジ前で出店中。その日のお昼は、バランスのとれたコマデリさんのお弁当に。栗ご飯にエスニックな豚肉と玉ねぎ炒めもの等、どれも美味しかったです。

コラム「名字の言」が記していました。

「仕事で学校給食を作る壮年と懇談した。人気メニューはカレーライスやハンバーグが長年、不動の地位だという。一方で「苦手だから」と食べ残しの多いメニューもあると、こぼしていた。

どれも栄養士が、成長期の子らに必要な栄養価や健康面を考慮した献立である。“好き嫌い”はあっても、好きなものばかりを食べていては、頑健な体は養われない。彼は「おいしくなければ食べてもらえない。子どもたちのために、もっと調理の腕を磨かねば」と心に期していた。」

横浜市立中学校で提供されてきた「ハマ弁」が進化して、来春から「給食」になります。

これまでも様々な工夫を重ね、十分に美味しい「ハマ弁」ですが、更なる努力で、生徒たちが毎日楽しみになる給食になって欲しいなと思います。

※こちらの内容は、行田朝仁FBページ、FB個人アカウント、ブログ、HP、ツイッター、LINEタイムラインでも掲載しております。

※投稿などで頂いた全てに返信できるものではありませんのでご了承ください。

※長文のご意見、ご要望はメール、メッセンジャーでお願いしております。

※フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/gyota.tomohito
posted by 横浜市会議員 行田朝仁 (ぎょうた ともひと) at 00:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする