2013年04月24日

横浜市の人口動態「北増・南減」について 2332

昨日は減災対策推進特別委員会。この1年の構成における最終日となり、中間報告書がまとめられました。「地震被害に対する地域減災力を高めるための課題と方策」について議論。特にテーマを2つ設け、「防災拠点と防災訓練の実態と課題」「防災教育の現状と課題」について活発な委員間議論や有識者からの意見聴取等を行いました。第2回定例会初日に議長あてに報告された後、議長から市長へ渡り、関係各局へ届くことになります。

これまで様々な課題対策について議論してきましたが、都市部における高齢化の加速への対処は喫緊の課題。政治・行政の議論や準備は重要であり、これまでも、これからも推進していくわけですが、中々進まない、不足しているものがあるとすれば、市民の皆様お一人お一人の意識を高め、行動できるようにしていくことのように感じます。私もその課題解決に向けて少しでも前に進めることができるよう取り組みます。

ところで、高齢化が急速に進行している横浜市の人口動態についてタウンニュースが記事にしていました。

横浜市がこのほど発表した統計結果によると、12年中の人口増加数は5795人。戦後2番目に少なかった。地域別に見ると北部・都心臨海部の8区で増加、南部の10区で減少し、改めて「北増、南減」の傾向が浮き彫りとなった。また、65歳以上の高齢者は急速に増加、30年には100万人を突破する見込みだ。

区別にみると、3143人増加した都筑区が最多。次いで港北区・鶴見区・中区・青葉区・西区・緑区・神奈川区の7区が増加した。一方、減少したのは10区。1819人と最も減少した金沢区をはじめ、港南区・保土ケ谷区・栄区・旭区・磯子区・南区・瀬谷区・戸塚区・泉区が続く。

「郊外部でも、都内への交通利便性が高い北部は人口が増加。南部は減少し、高齢化率はより高くなっています。人口減少に対してよりも、高齢化対策が必要。引き続き住み続けるために、街の活性化が課題です」と市政策局担当者は話す。

市の推計によると、市全体の人口は19年をピークに減少。地域別では、北部・都心臨海部8区が19年以降も増加する一方、南部10区は年々減少幅が拡大していく。また、生産年齢人口(15歳から65歳)は00年の約246万人をピークに減少。65歳以上の高齢者は急速に増加、30年には100万人を突破する見込みだ。

この傾向を踏まえ市では、都心臨海部と郊外部の再生・活性化に着手。都心臨海部では「マスタープラン」を13・14年度で作成し、経済と観光の中心地域を活性化させる。また、郊外部では、民間企業などとともに老朽化した街の再生事業を実施。その一環として、市と相鉄ホールディングス(株)はこのほど、相鉄いずみ野線沿線(旭区・泉区)で「まちづくりの推進に関する協定」を締結した。ほかにも市は12年度から、たまプラーザ駅周辺(青葉区)で市と東急電鉄(株)による「次世代郊外まちづくりプロジェクト」、洋光台駅周辺(磯子区)でUR都市機構・市・県による郊外再生事業に取り組んでいる。事業の成果は今後、そのほかの郊外部に生かしていくという。市政策局担当者は「市中心部を活性化させることによる波及効果と、郊外部を再生させることで、持続可能な街づくりを目指す」としている。

問題というわけではありませんが、全体の流れの中で青葉区の人口の伸びも鈍化しており、月によってはマイナスになる場合もあります。ご高齢の方々に安心して暮らして頂くとともに、若年人口をいかに増やすかは重要な課題ではないかと思います。そこでどのような街にするのか、という大方針が大変重要です。

先日、市営地下鉄3号線延伸について書きましたが、若い人をひきつける街づくりを目指するとなればなにが必要か。家族ができれば広いスペースを求めて郊外の一戸建てということもありますが、若い方々の多くは駅近くの便利な場所への居住を望む場合が多いことを思えば、鉄道の延伸も駅周辺の整備も、そうしたことを考慮した施策が必要になります。

いずれにしましても、中途半端ではない「大方針」が求められているように思います。

※にほんブログ村の「政治ブログ」ランキング参加中。
下記「政治家」バナーをクリック頂きますとランキング画面に移り、あなたのクリックがポイントになります。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

※その他の活動報告、プロフィール等はhttp://www.komei.or.jp/km/gyota/
posted by 横浜市会議員 行田朝仁 (ぎょうた ともひと) at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
横浜市南部で人口減少。
Posted by 桑原孔一朗 at 2013年04月29日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。