2013年06月18日

認知症予防になる歩き方について 2387

昨日は終日政策懇談会。薬剤師の方々、資源リサイクル関連、不動産関連などから貴重なお話を頂きました。来年度の予算編成に向け、市民の皆様にとってプラスとなる議論を展開して参ります。

読売新聞によりますと、歩幅が狭い高齢者ほど認知症になりやすいとの調査結果がまとめられ、歩幅を手がかりに、認知症の早期発見や予防が可能になると期待されるそうです。

認知症の増加は避けられないとのデータを含むお話はよく伺います。健康づくりや介護予防なども難しいことをするようでは長続きするかどうか難しいところですが、歩く際に歩幅を広げることが認知症予防につながるとなればとてもいい話だと思います。

東京都健康長寿医療センター研究所のチームは、群馬県と新潟県に住む70歳以上の1149人を対象に暮らしぶりや身体機能を調べ、介護が必要な人や認知症が疑われた人などを除く666人を、追跡調査(平均2・7年)。その結果、年齢や一人暮らし、血液中の赤血球数の少なさ、低コレステロールなどが、認知機能の低下と関係しており、中でも、特に関連が深かったのが、歩幅の狭さだったそうです。

年齢や身長などの条件を調整して、歩幅を「広い」「普通」「狭い」の3群に分けて分析。普通の速さで歩く時に、歩幅が狭い群は、広い群に比べて、認知機能が低下するリスクが3・4倍高。特に女性ではその差が5・8倍。男性では速く歩いた時の差が大きく、狭い群のリスクは広い群の4・4倍。

何事も長続きの秘訣は、無理せず、簡単にできることではないかと思います。単純なように見えて大変重要な研究。今後もこうした新たな発見に期待。とりえあえず母に連絡します。

※にほんブログ村の「政治ブログ」ランキング参加中。
下記「政治ブログ」バナーをクリック頂きますとランキング画面に移り、あなたのクリックがポイントになります。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

※その他の活動報告、プロフィール等はhttp://www.komei.or.jp/km/gyota/
posted by 横浜市会議員 行田朝仁 (ぎょうた ともひと) at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日初めまして、足元の悪い中ご足労頂きありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
応援申し上げます。
Posted by MTです at 2013年06月26日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。