2017年08月06日

「平和の礎」について 3926

昨日は党支部の研修会。夕方からはお祭りへ。9カ所ほど回りましたが、日頃から市政報告を見てくださっている方々からお声がけ。感謝とともに、見ていないようで、見ている方は見てるなと改めて感じます。

今日は72回目の原爆の日。先日、公明新聞コラム「北斗七星」が沖縄県の太田昌秀元知事について掲載していました。

「映画の公開をきっかけに、沖縄戦の激戦地となった前田高地(浦添市)を訪れる人が増えている。その映画とは『ハクソー・リッジ』(メル・ギブソン監督)。武器を持たずに戦地を駆け回り、敵味方の区別なく命を救った衛生兵の奮闘を描いた実話だ。

ハクソーは「のこぎり」、リッジは「崖」を意味する。同場所が約150メートルの絶壁を有し、のこぎりで切断したように険しいことから、そう呼ばれた。今では戦跡ツアーが組まれ、観光客や米軍関係者も足を運ぶ。

一方で映画には描かれていない部分もある。同場所では多くの住民が巻き込まれ、浦添村(当時)の人口の44.6%が亡くなった。そこは文字通り“地獄”だったに違いない。

最後の激戦地となった糸満市摩文仁には、沖縄戦の犠牲者を悼み、国籍や軍民関係なく全戦没者名を刻んだ「平和の礎」が建つ。先月亡くなった大田昌秀元県知事が建立に尽力した。

戦争を体験し、誰よりも平和を希求していた大田元知事。生前、公明党の平和行政推進に期待を込め、こう語った。「日本の政党のうち、本気で平和運動に取り組んできたのは公明党です」(『第三文明』2013年1月号)。今年も72年目の終戦の日が巡ってくる。平和な世界の実現へ、公明党が先頭に立って闘うと誓いを新たにしたい。」

「見てる方は見てるな」と思います。

※こちらの内容は、行田朝仁FBページ、FB個人アカウント、ブログ、HP、ツイッターでも掲載しております。

※フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/gyota.tomohito
※にほんブログ村の「政治ブログ」ランキング参加中。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
※その他の活動報告、プロフィール等はhttp://www.komei.or.jp/km/gyota/
posted by 横浜市会議員 行田朝仁 (ぎょうた ともひと) at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。